産後の仕事の現状と改善ポイントについて!

子供が小さい働くママの現状について

共働きが当たり前になりつつある現代は、結婚はもちろん出産後もすぐ仕事復帰する人が増えています。この増加はママが気持ちよく働く為に時短勤務、休日出勤無し、子育て出勤の許可等で働くママを配慮する様、日本政府が企業に働きかけている背景があるからです。子育てを理由に働くママに理不尽な行為、退職を迫る行為はハラスメントにあたり、場合によっては訴えられる事もある程です。にもかかわらず子供が3歳までのママが正社員が働く率は、全体の約2割と少ない現状があるのです。

何故働くママ社員は増えないのか?

産後のママが働きやすい環境を整える様政府が訴えているにもかかわらず正社員が2割しかいないのは、多くの会社では働くママのフォローを同僚が担っているからです。特に人員が多くない中小企業ではママ社員が急な早退、欠勤をした場合、他の社員が自分の仕事に加えママ社員の仕事も引き受けるのです。これが頻繁に続くと周囲の人は残業や休日出勤をせざるを得ない状況になる事もあり、サポートする側が参ってしまう結果ママ社員が働きづらくなってしまうのが現状です。

頼れる人がいなくても大丈夫!働くママの工夫とは?

日本政府がどれだけ働くママ社員を増やしたいと考えても、頼れる人がいないと働けないと言う声が多いのは会社の同僚にフォローをしてもらう結果周囲に負担をかけてしまうからです。しかしほんの少しの気遣いで、周囲との関係はぐっと良くなるのです。働くママは家事に子育て、仕事に精一杯で自分が懸命に頑張っている分、自分が自分がとなりがちです。そこをぐっとこらえて助けてくれる度に感謝の言葉や差し入れ、手の空いた時は進んで人のフォローに回る等の気遣いをする事で周囲との関係は劇的に改善されます。

主婦のパートで気をつけることは収入金額です。夫の扶養である場合、税金面では103万円、社会保険では130万円を超過すると扶養になれなくなるので注意が必要です。