介護職として働く時に役立ってくる2つの資格とは!?

一つは介護をするために必要な資格

介護業界で働く時には取得しておいて方が良い資格や免許が有ります。その一つは介護業界の現場で働くために必要な資格です。直接高齢者に触れての介助や援助を行う専門家は、国家資格が必要となりますので、その国家資格を取得しておくと就職にも強いですし就職された後に直ぐに現場で働けるようになったりします。例えば少し前ならばヘルパー資格がそれに該当します。資格を持っているだけで就職も非常に有利になるのでまずはそれを目指すのがオススメです。

もう一つは運転免許があると便利

もうひとつ持っておくと良い介護系の資格としては運転免許が有ります。介護業界の中には、利用者を送迎する仕事があるからです。介護タクシードライバーになるためにもその運転免許は必要となってきますので、その資格を持っているだけで就職の幅が広がります。また、介護施設の中には人里離れた場所に施設がある所も多いので、通勤を楽にする目的でも運転免許があると何かと不自由をすることが無くなってきます。持っていない方は、就職までに取得しておくと安心です。

免許や資格を持っていると得られる手当

介護業界で働く時に資格や免許があったほうが良い理由は、資格を持っているだけで資格手当を支給してくれる介護事業所も沢山あるからです。特に難しい介護系の国家資格を持っていると、それだけで一ヶ月に一万円や二万円程度支給してくれる所もあるので、年間で数十万円も収入が増えることになります。ですのでキャリアアップや自身の年収を増やす目的でもそれらの免許や資格を取得しておくことは意味があるのです。自己啓発以外にもそれは役立ってきます。

急速な高齢化の進行により、高齢者が老人ホーム、病院をはじめとして利用するケースが増えています。それに比例するような形で、介護の求人も増え続けています。介護の仕事をお探しの方、是非ご検討下さい。